MENU

  • ホーム
  • 環境ソリューション
  • 環境ソリューション

環境ソリューション

バイオエコスチップ

 

特殊加工した木質細片に有機物分解にすぐれた発酵生成中間菌体を培養した多目的処理剤です。

食品工場や介護施設由来の臭いに対する消臭、各種排水に対する消臭、水を使用しないバイオトイレによる屎尿処理、

汚泥処理、湖沼などの水質浄化、生ゴミなどの有機物分解などに効果を発揮します。

 

バイオエコスチップの特性

バイオエコスチップに含まれ、好気性と嫌気性をコントロールしながら処理する発酵生成中間菌体は土壌中に存在する無数の土壌菌の中から、有機物分解特性に優れた好気性土壌菌体を培養したものです。この土壌菌は腐植土に由来するもので、自然界では枯葉や枯草などの植物体や微生物や昆虫などの動物体を分解し、自然界のリサイクルシステムの一翼を担っている菌です。

この土壌菌の活動を促進するバイオエコスチップは動植物蛋白質、脂肪質、炭水化物等を活発に発酵・分解消化し、水とガスに分解します。土壌菌は摂氏5~70度で浄化活動を行うため、通常は熱源を必要とせずに様々なソリューションに応用することが可能です。

バイオエコスチップで出来ること

1:屎尿処理(バイオトイレ)

バイオエコスチップの力で排泄物を水と二酸化炭素に分解し、蒸発させます。
導入直後から尿石を消滅させるので、優れた消臭効果も期待出来ます。

また、分解槽の大きさを変えることで処理能力を拡張出来るため、大規模トイレにも対応可能です。さらに電源や下水がなくても設置可能な為、山岳地帯や災害用トイレなどの独立型トイレにも対応することが可能です。

2:脱臭

悪臭の発生源の多くは有機物の分解過程で十分な酸素を用いない嫌気発酵によるものです。

嫌気発酵により、有機物の分解は促進されますが同時に悪臭も発生させてしまうのです。
これに対して発酵過程で十分に酸素を供給して発酵させるのが好気発酵です。
好気発酵では酸素の供給と発酵に適した温度が必要となりますが、適切な環境下では発酵過程で悪臭を発することがありません。

当社のバイオエコスチップは生成中間菌体によって発酵が促進され、嫌気発酵と好気発酵をコントロールするので、有機物分解過程で発生する悪臭を大幅に抑制することが出来ます!

3:水質浄化

水質汚濁は下水や生活排水、工場排水などが流入して水中の有機物が増加し、通常水中に生息している微生物だけで分解出来なくなった際に発生します。

汚泥水の根源となる物質を発酵・分解するバイオエコスチップは有機排水などに含まれる固形物質や動植物蛋白質、脂肪質、炭水化物を水と炭酸ガスにします。
また、有機排水(汚泥水)に含まれるBOD源を消化・消滅させることが可能であるため、河川や湖沼、工場排水などの水質を浄化させることが出来ます

よくあるご質問

Q バイオエコスチップ導入後、補充する必要はありますか?

A. 使用状況にもよりますが、年間で約5~10%チップが減りますので、

  減った分の補充を推奨しております。